Harirates blog

コロナ禍でブログを始めてみた大学生です。

こんにちは!✨

皆さん、お元気ですか!?😃

休日最後の日!

今日はいつも以上に素晴らしい日でした!!!

アイキャッチ画像は画像漁りをしていた時に、昔NYに行った時の自由の女神像🗽があって、なんとなく選択しました!✨

なんか“自由”って、いいなって。

ところで、皆様は

“生きる理由”

“死ぬ理由”

を天秤にかけた時にどちらが勝りますか?

図:Canvaで作成

僕は断然“死ぬ理由”“生きる理由”に勝ってます😅

じゃないと、自殺未遂なんかしません(笑)

よく芸能人の自殺とかで色々な考察とか見ますが、結局人間自殺する理由はこれなんじゃないかな?って。

“死ぬ理由が生きる理由に勝った”

これだけだと思います。

具体的な理由は聞いてみないと分かりませんが、この天秤はどんな人にも当てはまる事なんじゃないだろうか。

“死ぬ理由を減らす”か、“生きる理由を増やす”か。

こうすれば少なくとも生きたいと思えるんじゃないだろうか。

よく理由も聞かずに、『愛する人が〜、家族が〜』なんて言う人もいますが、その自分を愛する人が紛争や事故でみんな死んでしまった場合、”もうこの世に愛する人がいない”から死んでもいいって、理論が成り立ってしまってどうも納得できないんですよね。

そもそも、家族がいない、孤児の人もいますし、自殺する理由なんて人それぞれだと思います。

持論を振りかざすのではなく、理由を聞いた上で、対処する。

例えば、いじめだったら思い切って環境を変えてみる(転校する)。学校に行かない選択をしてみたりとか。

これが自殺阻止に繋がるんじゃないかな?と。

死ぬ理由を語りたがらないなら、何も言わずに、生きる理由を増やしてあげる。

多分、理由なく自殺する人なんてこの世にいないと思います。

人生に満足して、満足死なんて選ぶ人もいますし、本当に自殺理由は色々ですし、人の数だけ理由や境遇はあります。

『こうだから死んじゃいけない』

って、理由も聞かずに、自分の意見を言われるよりも、話を聞いてあげて、その抱えてる理由を減らすか、生きる理由を増やすと言った行動をした方が効果的に思えてきます。

まあ、私もあまり人の事言える程じゃないんですけどね。😅

心のどこかでは『自殺する事で、自由になれるんじゃないかな?』、『ウクライナ人と日本人とのハーフを終わらせられるんじゃないか?』

そういった縛りから解放されると考えてる自分がどこかにいます。

これが自殺志願者の僕が考えた“自殺する理由”についてです!

もしこれから僕が自殺で死ぬ事があった時の為に、今回の事を書いておきたいな。

と、思ったから書いてみました。

まあ、今は凄く明るい気分ですよ。

だって、いつ死ぬか分からないですし、折角の人生、虐待とかいじめとか過去の事に囚われて、マイナスな考えのまま死んでいくのは嫌ですもん(笑)

なんか凄く吹っ切れた様な気分です✨

一応、この記事の最後に僕が実際に現地に行ってみて、この世界の綺麗だと感じた写真を載せようと思います✨(カメラをなくしてウクライナとオーストラリアの写真がないのが残念ですが、生きてたら今度探しておきます)

もし死ぬ事があった時の為に、自分が人生で見た醜い景色よりも、美しい景色を残しておきたいなと思ったので!✨

★アメリカ編(NY)

写真:NYの自由の女神

なんか自由の女神が太陽に向かって、自由を宣誓してるみたいで、この写真気に入ってます✨

ちなみに、こっちが正面からの写真になります✨↓

写真:NYの自由の女神

後はニューヨークの夜景、街の景色、ブロンクスの階段、ナイアガラの滝、カナダの朝、田舎、日本の公園等の自分の好きな写真を無言で載せたいと思います✨↓

写真:ブロンクスの階段
写真:ウェストフィールド ワールド トレード センター / ダウンタウンエリア
写真:ニューヨークの街並み
写真元:タイムズスクエア

すみません!タイムズスクエア見て、少し話したい事があったので(笑)

確かこの一週間前にHIKAKINさん来てたんですよね(笑)

タイムズスクエアには着ぐるみを来た人がいっぱいいて、写真一緒に撮るだけでぼったくりにあったりするリスクもあるので、タイムズスクエアの着ぐるみ達には気をつけるように!

https://www.nyseikatsu.com/ny-news/09/2019/26725/

ただ、ちゃんと交渉ができるのなら写真撮ってみるのも悪くないと思いますよ🎶

写真:トップオブザロックより
写真:メトロポリタン
写真:ニューヨークの街並み
写真:ニューヨークセントラルパーク
写真:ワールドトレードセンター跡地

9.11も悲惨な事件でしたよね。

話を聞くだけで涙が出てきます。

これも現地に行って見てきました。

自分にとってはかけがえのない思い出です。

★カナダ編

写真:カナダナイアガラの朝
写真:ナイアガラの滝

これ実際凄い速度で流れてます💦

華厳の滝の何倍かは忘れてしまいましたが、凄まじかったのは覚えてます。

この綺麗な景色とは裏腹に昔女の子が流されちゃったんですよね…。

自然の力とは恐ろしいものです。

写真:ナイアガラの夜景
写真:ナイアガラの夜景
写真:ナイアガラの滝

この日の朝は今までの人生で一番綺麗な朝だったのを今でも覚えてます。

本当に綺麗な朝でした。スマホでは表現しきれないほどに。

写真:ナイアガラの滝の内側
写真:カナダの街
写真:カナダの街
写真:飛行機から見たカナダ

まだまだありますが、この辺で💦

少し手が疲れました( ̄▽ ̄;)

最後に日本編です。

★日本編

写真:ごまちゃん
写真:川越のかばの像
写真:川越の鐘
写真:飛行機から見た空
写真:スヌーピー
写真:ムーミンパーク
写真:ムーミンパーク
写真:ムーミンパーク
写真:昼のランドマークタワー69階展望フロア
写真:夜のランドマークタワー69回展望フロア
写真:横浜
写真:???(覚えてない💦)
写真:ヤゴから成虫になったばかりのトンボ
写真:下から見たスカイツリー
写真:ハト
写真:ハト②
写真:ハリネズミカフェ
写真:天井の見えないランドマークタワー
写真:確か芸術系のイベントだった筈です
写真:鎌倉の大仏
写真:確か伊豆の孤島🏝🤔。いや、???で(笑)
写真:???
写真:???
写真:チンアナゴ
写真:北海道の馬
写真:北海道の馬
写真:北海道のとある場所
写真:電車から見た北海道の雪景色
写真:三鷹のジブリ美術館入口
写真:祭り
写真:祭り
写真:エイ
写真:恵比寿のバンクシー
写真:確か町田リス園
写真:町田リス園の近くの公園?
写真:公園
写真:公園
写真:公園
写真:エイ
写真:ペンギン

こんな所ですかね。🤔

色々な写真を見返す度に、自分の人生の軌跡が思い出せて面白いですね。

たまにはこういうのも悪くないかなぁ…なんて。

日本が少し多くなってしまいましたね💦

最期まで読んで頂きありがとうございました!!!

自殺する理由」への2件のフィードバック

  1. あそぶーこ より:

    タイトルとは裏腹にカラッと明るく書かれているので、なんかホッとしました。
    ただ単純に、寿命のある限り人生を全うする。
    それが正しい事という前に、生か?死か?
    それも選択の自由なのかー。なんて事を感じました。

    これからも素敵な風景をたくさん見てほしいです☆

    コーヒーを飲んで、ホッとする。
    圧倒的に美しいものを、たくさん見たい!触れたい!
    というのも私の生きる理由になってます^ ^

    いいね: 2人

    1. ハリラテス より:

      コメントありがとうございます。
      凄く嬉しいです!

      日本の若者の自殺者が多いのと、何となく書いてみたくなったので、書いてみました。

      「地獄に堕ちるから〜」、「あなたを愛する人が」という意見を見かけるので、そこに疑問を持ち書いてみました!

      自分は地獄に堕ちるからって、言い回しは脅し文句の様に聞こえてきて、別に地獄に堕ちてもいいって、言われたら自殺を止められそうにないのと死ぬ理由の根本的な解決になっていないな。と。

      生きる事や自殺が正しいかどうかの前に、何故、生と死を選ぶのか。

      一人一人、人生や生きる、死ぬ理由は違うと思いますし、生きる理由と死ぬ理由を天秤にかけた方がイメージしやすいかな?と。
      ちなみに、この考えは秋葉原無差別の犯人の自殺してしまった弟が「死ぬ理由に勝る生きる理由がないんです。」って、メッセージからインスピレーションを受けました。

      ありがとうございます。今はコロナで中々外出も厳しい状況ですが、命ある限りまた景色が見れる日を楽しみにしてます!

      いいね: 2人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。